ブラックエージェントに騙されない!転職バイブル

管理人と訪問者達が転職エージェントを厳しく批評するブログです

エージェントに「利用される」のではなく「利用する」ための転職戦略とは?

shatiku

どの転職エージェントも、基本的には営業マンで「商材=登録者」を「顧客=クライアント企業」に「売る=転職させる」ことで成り立っています。

「有益なアドバイス」「求人情報」を手に入れられる一方で、下記の点で必ず「商材=登録者」側に不利益な面が出てしまいます。

・紹介報酬が高い企業(=ブラック企業)から積極的に紹介される
・実績欲しさに転職を急かされる

このサイトでは「訪問者」の口コミ投稿を元に、そうした度が過ぎる転職サポートをしている転職エージェントを徹底的に批評しています。

当サイトの趣旨

私は新卒で入社した会社で希望もしていない「営業職」に配属されてから、部署自体がブラックだったことも重なり休職寸前まで行きました。

何とか2年は営業として頑張りましたが「体調の悪化」「将来への不安」から転職活動を始めることを決意して、エージェント選びなどで苦労しつつも、下記のように転職することができました。

・希望していた職種
・職場環境の良いホワイト企業

このサイトでは「私の転職活動」「転職活動記録」を通じて「いかにして会社に潰されず」自分の希望するキャリアを築いていくべきかについて考察しています。

管理人のプロフィール

下記は、私の簡単なプロフィールです。

・前職はウェブ企業で広告営業
・文学部出身
・経理経験など特別なスキルはなかった
・25歳の時に営業→経理に転職
・現在は経理だけでなく、バックオフィスの採用にも関わる

同じような境遇の方から、質問などを頂戴し、希望の転職を実現するために、自分の経験に基づいて何度かアドバイスをした経験がありました。

「転職のための準備」「実際に転職活動の進め方」を、私自身の転職体験、採用側としての経験などを通じて伝えていければと思います。

転職する際の希望職種の考え方

私は、嫌いだった営業からバックオフィス(経理)に転職して、現在は「経理+人事」として働いています。

仕事自体は、非常に充実していて、毎日成長している実感がありますし、現在は採用側としての経験も積んでいます。

自分に合った職種を見つける方法

自分で転職してみて、また他人の転職活動に関わってみて、「自分に合った職種」で働くことが心の底から重要だと感じました。

同時に多くの人が自分の希望している職種で働けていないことも痛感しました。

ここでは、「営業からでもこういう転職ができるんだ」というのを認識してもらうためにも簡単に未経験からでも転職できる職種をまとめておきます。

【バックオフィス系】
・総務
・人事
・経理
・財務

【事業開発系】
・営業企画
・コンサル
・マーケティング

上記の職種リストは、私自身が転職したバックオフィスだけでなく、現在採用に関わった職種も含んでいます。

会社にもよりますが「完全に職種別採用する」ケースと、大まかに担当業務だけ定義して「バックオフィスで採用」「事業開発で採用」するケースに分かれます。

希望の職種に転職する方法

自分の希望の職種に転職する方法としては「いかに上手く自分の適性をアピールするか」の1点だけです。

アピール方法には、いくつかのパターンがあります。

・前職で関連のある経験をしている
・勉強したので興味がある

さらに説得力のある志望動機を話すためには「その職種に興味を持ったきっかけ」「そのあと自分なりにどんなことをしたのか」「どうして転職しようと思うほど適性があると思ったのか」を話してあげると採用する側も納得してくれます。

簡単にではありますが、私が「バックオフィス(経理)に転職した時の志望動機」の考え方を下記にまとめています。

>>志望動機の考え方(私が未経験から経理転職した時の具体例)

自分に合った転職エージェントの選び方

ここでは、「実際にユーザーとして転職エージェントを使った経験」「採用側として転職エージェントと仕事している経験」から、希望の求人を見つけて転職するまでサポートしてくれるエージェントの選び方を見ていきます。

ポイントは下記の3つの点です。

・求人の質
・サポート力
・ヒアリング力

求人の質とは非公開求人で決まる

非公開求人というのは、一般に募集されている求人ではなく、転職エージェントを通して募集される求人のことです。

なぜ非公開にするのかというと、公開での募集よりも「企業側にとってコストが安い」「応募者の質が高い」からです。

その結果、非公開求人自体も待遇の良い求人になると言えます。

優れた求人=非公開求人となるため、実際に転職エージェントに登録して求人を紹介して貰う必要があるというわけです。

サポート力とは志望動機と書類添削

初めての転職で迷うのは「どんな志望動機」「どんな書類」を準備していけばよいかよく分からないことだと思います。

私自身、転職エージェントに登録した時は、志望動機はもちろん、書類の書き方もよく分かりませんでした。

サポート力の高いエージェントの場合、担当エージェントがマンツーマンで指導してくれるので、自分としても満足できる「志望動機」「応募書類」を用意できました。

いくら条件の良い求人の紹介があっても、自分自身の準備ができていないと内定は取れませんので、サポート力の高いエージェントを選ぶのは非常に重要です。

ヒアリング力とはキャリアプランを考えてくれる能力

エージェントとは、「電話」「メール」「対面」でカウンセリング面談をしてもらいます。

カウンセリング面談では、こちらの一方的な希望だけでなく、客観的に自分のキャリアをエージェントに考えてもらう場でもあります。

私の場合はバックオフィスでも「経理」を志望しましたが、せっかく営業から新しい職種を検討しているのであれば、こういうキャリア(財務、総務、人事、エンジニアなど)もあると教えてくれました。

いくつかの選択肢から自分の本当に希望する職種を見つけることで、より質の高い転職活動ができます。

おすすめの転職エージェントについて

ここからは「私が転職した時の評価」「採用側としての現在の経験」に基づいて、もしも今他人に勧めるならどのエージェントがよいかという視点で、3つのエージェントを選びました。

選ばなかったエージェントについても理由を書いていますので、参考になれば幸いです。

【転職エージェント比較一覧】
>>転職エージェントを徹底に比較(利用するべき3社+非推奨8社)

転職した今現在の思い

このサイトを開設したのも「自分のキャリアは自分で作れるという考えが広まってくれればという思い」と「自分に合わない仕事をしていた苦しさを忘れないため」という2つの思いがあります。

今でも理不尽な営業として働かされていた時の夢を見たりしますし、サイトを通じて転職について相談があると当時の苦しさを思い出します。

そのたびに、一層今の環境に感謝しないといけないと気づかされます。

このサイトを通じて一人でも多くの人が、少しでも本当のキャリアを見つけられる助けになれたら幸いです。

公開日:
最終更新日:2017/04/07


 投稿された口コミ
  1. suipen より:

    ゆっきーさん

    コメントどうもありがとうございます。
    現状としてはエージェントに3社登録し、何社か経理職の紹介をいただいたというところです。
    メーカーや人材派遣業、IT系など様々な業界の紹介をいただいたのですが、業界によって経理職でも仕事環境というか雰囲気のようなものは変わってくるのでしょうか。

    自分が体育会系から真逆の性格であるので未経験で選べる状況ではないとわかっているのですが、できれば自分の性格にあった雰囲気の職場で勤めたいと思っています。

    参考までにお教えいただければありがたいです。

  2. suipen より:

    はじめまして

    現在経理職への転職を考えている新卒2年目23歳の男です。
    現在の会社には営業職で入社したのですが、コミュ障なこともありストレスが溜まり今の仕事を
    続けていく自信がありません。

    学生時代に会計学を勉強していたこともあり、未経験ながら経理職がいいかなと思っていたところ
    こちらのサイトに行き当たりました。

    転職先の探し方や転職のコツなどもう少し詳しく教えていただきたいのですがお願いできない
    でしょうか?

    • yukki-keiri より:

      suipenさん、ご質問ありがとうございます!

      コミュ障なのに営業ですと、本当に辛いですよね。私も同じような境遇でしたので本当に分かります。少し長いですが、下記まとめてみました。

      【転職先の探し方】
      まず、転職先の探し方ですが、基本はマイナビやリクナビNextなどエージェントに登録し案件を紹介してもらいます。

      登録すると、直接エージェントのオフィスに行くか、電話でカウンセリングの打診があります。その時に未経験だが経理希望を伝えて下さい。勿論大学で会計を勉強していたことも伝えたほうが良いですね。

      転職活動は、新卒活動時とは違い、求人している企業を探すというよりも、登録したエージェントから、希望に合った求人案件(企業)リストを貰い、そこから自分で選考に進みたい企業を絞り、転職先を探すイメージです。

      担当エージェントが付き、全部案件を紹介してくれるので、新卒活動時よりも企業を探すのは楽だと思います。

      ただし、エージェントは候補者の職歴や能力を見て、内定が取れる可能性のある企業しか基本的に紹介してくれません。逆に言うと、エージェントに登録し案件を紹介してもらうことで、自分の転職市場での価値を知ることができます。

      【転職先の探し方コツ】
      私は、相性の良い担当エージェントに巡り合うことが重要だと思います。エージェントによって紹介してくる案件は違います。また、担当エージェントは、自分の担当している候補者を企業に売り込んでくれますので、相性の良い担当について貰えば、転職活動は有利に進みます。

      担当エージェントは基本登録した一つのエージェントに一人なので、いくつかのエージェントに登録することで、より相性の良いエージェントに巡り会えると思います。

      ちなみに、suipenさんは第二新卒に分類されので、未経験案件は紹介されやすく、案件リストも多めに貰える可能性が高いと思います。ちなみに、エージェントから聞いたのは、第二新卒という立場を活かして転職するなら、新卒から1年以上働いてから転職活動するのがタイミングとしては良いそうです。

      大学で会計を勉強していた、営業経験1年以上とのことですので、経理転職のチャンスはあると思います。もっとこの辺を具体的に聞きたいなどございましたらお気軽にご質問下さい!

口コミを投稿する


8 × 六 =