ブラックエージェントに騙されない!転職バイブル

管理人と訪問者達が転職エージェントを厳しく批評するブログです

経理採用担当から見た未経験経理に年齢制限はあるのか?という問題について

      2016/12/03  口コミ投稿数 :0

yakei未経験から経理への転職に「何歳まで」というのはありませんが、年齢によって求人を探す際に利用するべき転職エージェントは変わってきます。

未経験でも「20代」「30代」と「40代」「50代」で転職する際のアピール方法が変わってくるからです。

ここでは「未経験から経理に転職するための方法」について、経理採用担当の目から見た、年代別の戦略についてまとめておきたいと思います。

※年齢別に利用するべき転職エージェントまとめ

20代~30代で経理に転職するなら、20代~30代で未経験OKの経理求人が多い下記のエージェントが有効です。

thumb_tenshoku_adecco_co_jp
>>アデコ公式サイト(登録1分、履歴書不要)

40代~50代になると、今までの経歴を多少アピールしての転職となるためアデコよりも「JACリクルートメント」を使ったほうが有利に進められます。

JACリクルートメント公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/

「どんな企業が狙えるのか」「どういった準備が必要なのか」などエージェントにアドバイスが貰えるので、その後の対策をスムーズに進めるのにもエージェントで求人を見てみるのは有効です。

若すぎてもダメ、ベテラン過ぎてもダメ

ご存知のように、未経験から経理転職する時に、ネックになるのは年齢です。残念ながら未経験の場合「40代、50代の候補者」にはチャンスはありません。

逆にいうと、20代、30代であれば、十分に採用のチャンスがあります。20代、30代であれば、「ポテンシャル採用」で未経験でも経理を習得できると判断しているからです。

ただ、どんな候補者でも良いかと言うと、そうではなく、「伸びしろがある」「教えやすい」候補者が好まれます。

逆に40代までであれば、今まで営業だけやってきた人でも、未経験から経理になれる可能性は十分にあると言えます。

そのため、アピール方法は非常に重要になってきます。「いかに自分が経理に適性があるのか」「伸びしろがある候補者なのか」を書類なり、面接での受け答えでアピールしていく必要があります。

その点は私自身も転職する際に、苦労した点で、その時に対策したことを下記にまとめておきました。

>>未経験から経理転職の論理的な志望動機を考える方法

経理未経験OKの案件の場合、候補者に必ず求める要素があります。
それは、根気よく業務内容を挫折せずにマスターしてくれるかどうかです。

経理業務というのは、基本的には会社ごとにやっている内容は同じです。しかし、実際の業務になると多くの会社で、独自ルールがあったりして、細かく覚えないといけないことが多いのです。

簿記や経理知識とは関係なく、「これはこうすることになっている」というルールがあったりするのです。そのため、逆に経理知識を持ちすぎている人に引継ぎをすると、質問攻めにされて引き継ぐのが面倒だと感じることが多いです。むしろ経理の知識もゼロで、これからスポンジのように知識を吸収しようとしてくれる未経験者のほうが扱いやすいケースがあります。

・未経験Okの非公開求人が多いエージェント

それに絶妙にマッチするのが、新卒2年目~6年目程度の若手転職者です。私のように営業経験があって先輩を敬う心をもっていたり、基本的な社会人のマナーを知っている人材。年齢でいうと24歳~30歳程度です。私も含めて知識を積極的に吸収しようとしてくれる人材が多いのです。

参考までに、業界別で見ると、求める年齢の基準には下記のような傾向があります。

・会計系は20代~30代
・メーカーは30代~50代
・ベンチャー、IT系は20代

そのため、未経験OKの求人では、初めからそういった層の応募を狙います。エージェントにも、若すぎずベテラン過ぎない24歳~30歳のしっかりとしてそうな人材をお願いするのです。

その年齢で経験者が来たらどうするのか

もしも仮に、
未経験者OKでも経験者の若手が来るケースがあります。しかし、私の経験上そういった人材は地雷である可能性が高いです。
なぜかというと、その年齢で元の会社では、経理に配属されたにもかかわらず転職する人材は何かしら職場でトラブルを抱えていたかぬ世が高いからです。

元の会社で経理や財務は、将来幹部レベルになることを期待されて配属されています。にも関わらず辞めてしまう人材には問題が多いというのが実情で、積極的に採用しません。

まれに、非常に優秀で元の会社に愛想を突かせて転職というパターンがありますが、そういった人材はコンサルや超大手の総合部門に転職する傾向があります。未経験OKの経理案件に応募してくる若手経験者は非常にいわくつきの人材だと言えます。

もちろんベテランは雇いません

例えば40歳、社会人18年目で経理転職、経理経験0の場合、雇ってもらうのは難しいです。もし大学で会計を学んでいたとしても、未経験だと評価されません。

理由としては、経理経験がないのと、教える側からして年上相手にゼロから手とり足とり教えるのは、非常に居心地が悪いんです。
もし公認会計士、米国公認会計士なと難関資格を持っていたとしてもかなり厳しいです。あり得るとして、安く経験者を使いたいと思っている会社でなら、給料が新卒に毛が生えたくらいオファーであれば見つかるかもしれませんが...

未経験OKの経理職ならライバルは弱い

以上のように、結局のところ、未経験OKの経理職に応募してくるような人材は、パターンが決まっていますし、会社としても狙っている層は24歳から30歳前後の素直そうな扱いやすい人材です。経理知識は文字通り求めていません。

そのため、ライバルの質も結局のところ、それほど高くないのが現状です。採用側としては、もう少しレベルが上がってほしいと思いますが。多くの場合で勝負を分けるのが、志望動機など、候補者の人となり、メンタリティを知ることができる部分での評価です。

つまり、勝負を分けるのは下記の二つと言えます。

・非公開求人に応募できる状態にしておく
・志望動機・自己PRしっかりと用意する

それぞれ見ていきましょう。

・非公開求人に応募できる状態にしておく

未経験案件は、表だって募集されることは少ないため、基本的にエージェントを通した非公開求人で募集されます。会社のHPで未経験の経理を募集していたら会社のイメージを落とします。そのため、必ずエージェントに話をもっていってめぼしい候補者がいないか、非公開で募集するのです。

つまり、未経験から経理職を狙っているのであれば、エージェントに事前に登録しておいて、いつでも求人情報が貰える状態にしておくことが重要なのです。未経験OKの募集は母数が少ないですから少ないチャンスを確実に拾える状態にしておきましょう。

・志望動機しっかりと用意する

もう一つは、志望動機をしっかりと準備しておくこと。非公開求人の情報は、エージェントに登録しておき経理を希望している旨伝えておけば、問題なく何件かは紹介してくれます。しかし、応募して面接を突破して内定を得る人材というのは、志望動機の作り方が明らかに他と違います。コチラのエントリに書いてある通りに、自身の体験に基づいて確実に自分が経理に適性が亜胸をアピールしてくるのです。

ただ、彼らも(私もですが)志望動機や書類の作成は、エージェントにお願いしているケースが多いです。私の採用した中途の人材も聞いたところによると全てエージェントに志望動機のブラッシュアップはお願いしたと言っていました。

何歳ならいいの?

大体30歳くらいまでが許容範囲です。別キャリアを歩んできた人が、その知識を使って会計分野の仕事でも力を発揮するには時間が必要です。30歳くらいの人が、10年間新たに経理経験を積んでくれれば、40歳くらいで相当な戦力になるだろうな、と期待できるからです。

40歳だと10年後は50歳ですからね。50歳だと既にマネジメントの役割を期待しますので、その時点で経理的なピークを迎えられても会社としては正しい評価がし難いです。

30歳までだと非常に有利

前職での経験次第ではありますが、前職で営業経験を積んで鍛え上げられた人は、交渉スキルが高かったり、社内での立ち回りに長けることが多いです。

それは、生え抜きで経理をやってきた人にはない要素でプラスポイントであると言えます。これからのキャリアで成長が期待できる30歳位までであれば、経理未経験であっても会社としても候補者が活躍するイメージが描きやすいです。

30歳までの経理未経験者のアピールポイント

とにかく前職の経験を如何に経理で活かせそうかを語る、という点です。未経験の経理に誰も知識を期待してませんし、経験なんてもっての他です。

間違いなく今までの経験をどう活かしてくれるのか?、本人の計画を聞きたいと思っています。そこで伸びしろを見て、採用を決めたいです。

まとめ

30歳までで未経験経理への転職は、他の経験者に対してギリギリでまだ差別化ができると言えます。前職でその人がどれだけ良い経験をしていて、どう経理に活かそうと思っているのか、自分自身のビジョンを描き、面接で伝えることが上手く出来れば、評価は高くなると言えます。

年齢については、そこでダメになってしまう人がいるということは、30歳までの人は逆にチャンスなので、絶位諦めないで挑戦してもらいたいです。30歳までの経理転職であれば、こちらで紹介しているエージェントに相談すれば、経理転職で実際に使える志望動機から、案件のフルサポートまで全て対応してくれましたので、ご確認ください。

口コミ評価の高いエージェント上位5社

JACリクルートメントの評価

公式サイトへ(登録1分) 口コミ投稿

Spring転職エージェントの評価

公式サイトへ(登録1分) 口コミ投稿

リクルートエージェントの評価

公式サイトへ(登録1分) 口コミ投稿

マイナビエージェントの評価

公式サイトへ(登録1分) 口コミ投稿


口コミを投稿する


× 9 = 五十 四

 - 未経験経理転職の条件