ブラックエージェントに騙されない!転職バイブル

管理人と訪問者達が転職エージェントを厳しく批評するブログです

資格はどうやってアピールすればいいの?

      2014/11/11  口コミ投稿数 :0

資格をとったあとの活かし方

ゆっきーです。色々資格について話してきましたが、結局転職のためにならなかったら意味ないですよね?以下に苦労してとった資格を、転職の際に活かすのか、考えていきたいと思います。

1.やる気アピールにつなげる

難易度の高い資格を、未経験者が持っていれば、その人の経理への気持ちが本物だということをアピールできます。実際に経理担当者でさえ持ってない資格もあるかもしれないので、資格を持っているということは、大きなアピールになる場合があります。とはいえ、簿記などは大抵の経理マンが持っていますので、アピールポイントには中々なりませんが、他の候補者も保有していなければ、相対的にアピールすることはできます。

2.手っ取り早く適正を証明できる

やってみればわかるのですが、経理系の資格は計算問題が多かったり、細々した計算のルールをひたすら覚えたり、人により向き不向きがあると思います。私は営業が向いていなかったため、経理を志していますが、元々数学などが得意だったため、抵抗なく勉強を続けることはできていますが。人なよっては苦痛だと思います。なので、資格を持っていれば経理への気持ちだけでなく、実際に適正があるんだろうな、というイメージを面接官に与えることができます。

3.即戦力として計算されやすい

経験もないのに、資格だけで即戦力?という気もしますが、実際に採用をする企業というのは何らかの欠員があって人出が足りず募集をかけている場合がほとんどです。

そんな状況では、引き継ぎは愚か、基本的な経理知識を伝授している暇もない状態です。そんな時にある程度の資格を持っている人が来てくれれば、雇う側としてはかなり、安心です。ですので、即戦力として数えて、実践経験が足りない部分は教えればいいという気持ちで雇うことができ楽です。

4.まとめ

このように資格を持っていれば、少なくともプラスにはなります。決め手になるのは、面接でのイメージですが、資格を持っていて損はないので、勉強してみて行けそうだなっと思ったら是非試験を受けてみてください!

口コミ評価の高いエージェント上位5社

マイナビエージェントの評価

公式サイトへ(登録1分) 口コミ投稿

Spring転職エージェントの評価

公式サイトへ(登録1分) 口コミ投稿

JACリクルートメントの評価

公式サイトへ(登録1分) 口コミ投稿

リクルートエージェントの評価

公式サイトへ(登録1分) 口コミ投稿


口コミを投稿する


+ 2 = 五

 - 転職に役立つ資格