ブラックエージェントに騙されない!転職バイブル

管理人と訪問者達が転職エージェントを厳しく批評するブログです

YJFXはバイオプなど危険性が高いのか?入金に値するか検証

      2017/06/06  口コミ投稿数 :0

月収支プラス10万円を目安にFX取引している私ですが、2016年は上手く相場に乗れて、平均でプラス12万円前後を記録することができました。

ちなみに、YJFXについては昨年度は利用を中止したのが下記の理由からです。

・バイナリーオプション機能をゴリ押し
・システムトレードなど自動売買も勧めてくる

YJFXはもともと可もなく不可もない程度のFX会社だったのですが、近年はより収益化の流れを進めていて、手数料の高い「バイナリーオプション」「シストレ」などに注力していて、基本的な取引がしにくくなったと感じ利用を中止しています。

YJFX利用のきっかけと入金はいくらからするべきか?

ここでは、2016年度に複数のFX会社を利用した感想として、YJFXの使用感をまとめておきたいと思います。

特に、利用していたYJFXなどで「いくらから」取引したほうがいいのか質問される機会も多いのですが、下記のように取り組むのが今のところ理想ではないかと感じています。

・月1万円前後のプラスを目指すなら1万円
・月10万円前後なら10万円入金から始めるべき

いくらから取引できるのかで考えると、ハイレバレッジになり、大損する可能性が高くなるので、いくら稼ぐかという視点で運用金額を決めたほうが安心感は強いと考えています。

私がYJFXなどFXを始めたきっかけですが、子供を出産し仕事を辞めて、主人の収入だけでは少し不安がありましたので、子育てしながらできる副業ということでFXを始めようと思いました。

各会社のスマホのアプリでデモができる会社で片っ端から練習し、その間もFXの雑誌や本でできる勉強や手法は一通りやりました。

一番最初に始めたのはボリンジャーバンドの5分足逆張りでしたが、当然ですが、相場はそれほど甘くはなく、殆ど勝てずに別の手法も色々と勉強して試しました。

いくらからYJFXは取引できるのか調べてみると、1万円前後でもハイレバレッジが使えるとのことでしたが、10万円前後の貯金を使って低レバレッジで運用していくことを決めました。

その後は、デモで取引してても緊張感がなくなり(約半年間実施)ましたのでYJFXで2016年の9月に登録し、トレードを開始しました。

実際に月10万円狙っていくために実践した手順

YJFXでなくてもよいのですが、基本的に月10万円の収益を目標に取引するのであれば、入金10万円でレバレッジ5倍程度で0.5lotほどを運用するのが自分には合っていました。

0.2円(20pips)の変動利益を目標に1回の取引を実施して、1000円ほどの利益を狙っていきます。20pips程度であれば、5分前後で動くので、1日3回程度のプラス収支になる取引を目標にすれば1日3000円の利益で、1か月で9万円程度のプラスを狙えました。

ただし、当然毎回の取引で上手く20pipsを狙えるわけではないので、7勝4敗くらいのペースで1時間前後を繰り返していき、徐々に勝率を上げるようにしました。

取引時間帯についても、初めは朝、昼、夕方、夜と色々な時間帯で取引していきながら、同時に各時間帯のチャートを体で覚えていきました。

さらに追加で気になる部分があれば、関連するFX本などで知識を補強していき、1日10回程度のトレード機会での勝率を上げられるように努力しました。

1000円からでも一応取引は可能ではあるが

YJFXに決めた理由はスマホでサポレジラインが引けたことと、ワンタッチトレードができたことです。

まだまだ勉強中だったところで始めたため、1000円でやれるところもあって自分には合っていたと思います。

実際に登録するまではそんなに難しいことはなかったんですが、マイナンバーの入力には少し抵抗がありました。

今となっては気にすることではないのですが、マイナンバー制度が始まって初めてマイナンバーを入力したので不安でした。

暗証番号とログインIDの紙がが届くまでは、そわそわしていた思い出があります。

届いた封筒に、ログインIDと初期パスワードの紙が入ってあり、初期パスワードはすぐに変えてくれと書いてあったのだとりあえず変更しました。

初めて実際にエントリーするときは自分のお金がかかってるのでデモとは違った緊張感がありました。

個人的にはある程度デモでトレードしたら実際にお金を使ってエントリーしたほうがいいと思います。

いくらで損切りをするべきか?メンタルコントロールなど

デモだとお金がかかってないので、エントリー根拠からずれたところでエントリーすることが多く、実際は2ヶ月ぐらいは無駄なことをしていた感覚があります。

実際にトレードを始めた時は一番最初はちょっと緊張しました。結果は7pipsのマイナス。

しかし、デモ勝てなかったのですぐに割り切ることができました。このへんはデモでやっててよかったと思います。

ただ、負けが続くとどうしても次をすぐエントリーしたくなってしまうので、今はその課題をなんとかしたくてメンタルトレーニングとして、負けても勝っても指標発表前にエントリーして放置してます。

あとは、マーク・ダグラスのゾーン(相場心理学入門)を読んでいます。

この本はオススメしますが、負けが続いて理由を探すのに適している本です。

FXを始めてすぐに読む本ではなく、むしろ始めてすぐの人は、たぶん読んでもよく分からない本なので、実際にエントリーして、負けが続いてから読んでみたほうがいい本です。

この本を読み始めて、とりあえず勝ち負けがトントンになりました。一発大穴を狙いたい人には向いてないと思いますが、とりあえず少しずつお金を増やしたい人には、私のFXの始め方は参考にできるのではないでしょうか。

YJFXでは「いくらから」よりも「いくら」取引したいかが重要

FXに興味を持ったきっかけは、友人との会話でどうやったらお金を儲けられるのかという雑談からでした。

友人は株取引を始めたということで、株の魅力を話してくれましたが、やはり結構な額の元手の資金が必要とのことでした。

ですが、当時の私はそれほどの貯金もなく株の知識も持ち合わせていなかったため株は難しいということを話すと、FXはどうかと勧められました。

FXという言葉自体は知ってましたが、ハイリスク、ハイリターンのいわばギャンブルのような取引手法であるという思い込みがあったので良い印象ではなかったのですが、唯一の利点は自分の貯金でもFXを始めるには十分であるという点です。

その後、FXについてネットで調べまくりました。FXとはどういう制度なのか、始めるにはどの会社が良いのか、利益を上げる方法はあるのかということを検討した結果、10万円を元手にFXを開始することにしたのです。

「YJFX!」を選んだ理由はYahoo!グループが運営しているということで、破綻といった最悪の自体にはならないだろうということと、利用しているiphoneでも利用しやすい「Cymo(サイモ)」というアプリがあるということです。

早速、ネットで申し込みを実施し、2週間程でFXを実施するのに必要なID情報などが届き取引環境が整いました。まずは口座に10万円程を入金するのですが、これもアプリからあっさりとできてしまうことに驚きました。

恐る恐る取引を開始してみましたが、初めは本当に少額でドル円取引をやってみました。

始めにドルを購入しようとするのですが、どのタイミングが良いかを見極めるのに10分程、アプリ画面とにらめっこです。後から思うと無駄な時間ですが、初取引にはかなりの緊張が伴ったのだと思います。

記念すべき初取引の結果は30円のプラスでした。

たった30円ですが、こうやって自分のお金を増やす手段を見つけ出せたという事に感動すら覚え、それからの平日は毎日のように取引をやってしまうほどFXに夢中でした。

為替が動くタイミングはある程度決まっており、世界的な出来事や要人の発言が無いときは安定していることが多いため、常に為替チャートをチェックすることは無くなりました。

YJFXの経営母体について

YJはYahoo!Japanの略です。Yahoo!Japanとなれば皆さん一度くらいは名前を聞いたことがあるはずです。

インターネットサービスの大手の会社なので、経営母体としてはかなり安定し手いると思います。

インターネットでの取引がメインとなる外貨取引、FX取引に関しては、そのようなインターネットサービスに充実している会社のほうが、サーバーなどのトラブルに対してもかなり迅速に対応できるのではないかと感じる方も多いです。

yjfxkeieibotai

FXこのサーバートラブルというものも案外大事なものになっております。

外貨取引は常にリアルな値動きを読んで取引を行って、利益を得たり、損を被ったりするものです。

大きな損失を避けるために、そして、利益を積み上げるためにはいつなんどきでも自分の望んだタイミングで取引することが非常に大事になってきます。

そういったことのためには、やはりサーバートラブルなどはもってのほかですし、インターネットサービスをメインでやっている、Yahoo!Japanですから、たとえメインの事業ではないからといってないがしろにすることで、本業にも大きな影響が出るため、そのような点に関して信頼できる経営母体だといえます。

YJFXならではのサービス

YJFXでは、IT系のFX取引会社ということでなかなか面白い、YJFXならではのサービスも展開しています。

まず一つ目が、Tポイントと提携しているというところ、取引しながらTポイントがたまるので、普段の買い物などと同じような感覚でFX取引に望むことができます。

そういった、こつこつポイントがためていくような感覚も、FX取引では時には大事になる感覚です。

yjtorihikinaga

そして、二つ目がYJFXに口座を持つほかのトレーダーの取引データをデイリー、マンスリーでランキング付けし、上位のトレーダーの取引情報をすべて見ることができ、利益を多く手にしているトレーダーの真似をして取引することができます。

また、トレードコレクターというサービスで、FX取引がゲームのようにして自動で売買してくれるサービスがあります。

traderyjfx

トレードコレクターはまず、カードを探すことから始まります。

カードを探すといっても自分が優秀だと思う、トレーダーの情報をインターネット上で手に入れることですので、何かを用意する必要があるというわけではありませんので、安心してください。

あらゆるトレーダーの、トレードの傾向がそちらのカードでは分析されているので、自分がやってみたいと思うトレーダーのデータのカードを設定することによって、そのトレーダーと同じような取引をすることが可能です。

このトレードコレクターのオススメできるポイントとしては、2つあります。

まず一つ目が、FXの知識が少なくても、カードを選んで設定するだけで、FXの取引ができるようになるということ。

これによって、どちらかというと、ゲーム感覚で行えるどちらかというと、TOTOなどの宝くじに近づいてしまうかもしれませんが、それなりのロジックを持った人々の模倣なので、運任せになりにくいのもFX取引ならではといった部分です。

もう一つはカードでのロジックによる自動取引が行われているために、主観的な判断にとらわれにくいため、感情に振り回されず、ギャンブル的にはなりにくいといういい点があります。

その代わり、このいい点には反対に、最新の情勢に応じた判断などを入れ込むことができにくいために、ある程度自分なりのロジックを手に入れた後には使いにくい機能になるかもしれません。

しかし、これからいろんな人の取引方法を勉強していく人にはオススメできるYJFXならではの機能となっています。

YJFXでのはじめての取引のやり方

いろいろな説明をしてきましたが、最後にYJFXの最初の取引のやり方を取引ツールの画像を交えて説明していきます。

YJFXではCymoというアプリが使われていて、こちらのアプリはiphone、android、PCのデスクトップ版とすべての媒体に対してアプリが出ていますのでどんな携帯を使っていても利用することができます。

今回はandroid版を元に説明していきたいと思いますので、まず一枚目にこちらをご覧ください。

ujsumaho

ログインした後で、トップメニューから取引をしたい通貨ペアを選ぶとこちらの画面に移行します。

そうしたら新規リアルタイム注文のタブを設定した状態で、③のチャート画面を押すとしたの画像のようなチャートを見ることができます。

ある程度の値段の動きを読めるようになるとこのようなチャートなども判断の材料にして、取引することになるので、
取引画面から気軽にチャートの画面に移行できるのもユーザーにとっての快適さになります。

YJFXでは1000通貨から取引できるので、最低の取引に必要な価格はこちらになります。

yjfxsumaho1

最初の取引なので通貨ペアは、円とドル、取引量としては1×1000の1000通貨を選択しましょう。

スリッページというのは発注タイミングでの価格と、約定タイミングでの価格のずれの許容範囲を設定できる項目ですが、あまり大きく設定するのも危険です。

大体3銭で設定することが、ほとんどなので、そちらで設定しておくとよいでしょう。他の項目はすべてOFFで最初の取引をしましょう。

すべての項目を確定した後は一番下の買うという赤いボタンをタップすることで、注文が完了します。

今回は、YJFXという若干聞きなれない会社の紹介でしたが、インターネットサービスで有名なYahoo!Japanが経営母体ということで面白いサービスを提供しているので、難しさを感じる人にはオススメできるFX会社だと思います。

口コミ評価の高いエージェント上位5社

マイナビエージェントの評価

公式サイトへ(登録1分) 口コミ投稿

Spring転職エージェントの評価

公式サイトへ(登録1分) 口コミ投稿

JACリクルートメントの評価

公式サイトへ(登録1分) 口コミ投稿

リクルートエージェントの評価

公式サイトへ(登録1分) 口コミ投稿


口コミを投稿する


3 × 八 =

 - 初心者から始めるFX