ブラックエージェントに騙されない!転職バイブル

管理人と訪問者達が転職エージェントを厳しく批評するブログです

経理一年目に必要なこと(エクセル編)

      口コミ投稿数 :0

社会人になって、学生の時にもっと勉強しとけばよかったと思うことありますよね。

そんな感じで経理として働き始めてすぐ、これは入社する前からやっとけばよかったと思うことがあったのでシェアさせていただきます。

経理知識の前にエクセル

正直言って経理一年目で任されることに、大して専門的な内容はありません。簿記がわかれば、誰でもできる仕事ばかりです。

なので、上司はかなり多くの仕事をふってくると思います。上司にとっては、知識も対して要らない単純作業だからです。

ですが、単純作業だからといって甘く見てはいけません。ここでミスると、上司の信頼を大きく失います。簡単な仕事をミスる人に、大きな仕事任せられないですので。

大量の単純作業で数字や情報を的確に処理しなきゃいけない。そんな時に役に立つのがエクセルです!

会計システムからエクスポートしたデータを加工

経費などのデータは、まとめて会計システムに入力されて管理されます。会計システムはデータの一元管理にすごく便利です。

しかし、苦手なこともあります。それは、決められたルールの元でしか、データの抽出ができず、非常に柔軟性がありません。

そんな時に、役に立つのがエクセルです。会計システムから経費データをエクスポートしてエクセルで処理し必要なデータを閲覧したりすることがあります。エクセルは自分で数式を組んでオリジナルな見方ができるのです。

公式のデータとして抽出することは少ないですが、社内管理用のデータとしてエクセルベースで経費を管理することがあるのです。

数式を覚える

大学の時は殆どエクセル使いませんでした。そのため、ゆっきーはSumくらいしか知りませんでした。

で、経理一年目で絶対に使えるようになれと言われた関数がIndex,Matchなどです。大量のレコードの中から、必要なレコードだけ取り出すこの関数を使えば、目視だけでは対応できない数万件のデータでも正確な抽出ができます。

つまり、アナログ作業では対応できない量のデータ処理を、経理一年目では頼まれることがあるのです。

ゆっきーは数式を全然知らなかったので、いつも会社の後にテキスト使いながら勉強していました。楽しいですけど、正直キツイですよね。

エクセルは本当に大事なので是非勉強してみてくださいね。わからないことがあれば、ゆっきーに相談して下さい。

口コミ評価の高いエージェント上位5社

JACリクルートメントの評価

公式サイトへ(登録1分) 口コミ投稿

Spring転職エージェントの評価

公式サイトへ(登録1分) 口コミ投稿

リクルートエージェントの評価

公式サイトへ(登録1分) 口コミ投稿

マイナビエージェントの評価

公式サイトへ(登録1分) 口コミ投稿


口コミを投稿する


6 × = 三十 六

 - 経理転職豆知識