ブラックエージェントに騙されない!転職バイブル

転職エージェントを厳しく批評する評価会議です

看護のお仕事は評判通り登録しないほうがいい?電話はしつこいのか感想

      2018/09/23  口コミ投稿数 :0

看護のお仕事は口コミサイトの評判とは大きく異なり、非常に不満があるものでした。

特に不満があった点は下記の2点です。

・求人の質がいいと書いてあるサイトが多かったが、質は良くなかった
・転職先の病院の情報を持っていることがほとんどなかった

この上記の2点以外でも、担当者変更を希望した際の対応が非常に高圧的だったということがありました。口コミサイトを見ていると看護師向けの転職としてもっともオススメと言われますが、私としてはあまりオススメできないと感じ結局別のエージェントを利用して転職することにしました。

ステマの評判に騙された?看護のお仕事の求人の質の悪さ

私は看護専門学校を卒業後、330床ほどある総合病院に就職し、病棟勤務だったため、その病棟では3交替勤務でした。

私が働いていた病院では半分ほどは2交替勤務に移行していたのですが、私の病棟は3交替勤務のままという微妙に理不尽な状況にありました。

他の病棟の人に話を聞く限りではやはり2交替の方が準夜日勤務などがない上、無理な形での病棟会や勉強会への出席も少ないため体への負担が少ないようです。

そういった問題に加えて、私の持っている看護のQOLに対する信念と病院側のQOLの考え方の違いに直面した時に転職をしようと決意しました。

インターネットで調べると看護のお仕事という転職エージェントは求人の量が他の転職エージェントよりも多く、様々なサイトでも口コミサイトでもオススメされていたので登録しました。

ですが実際にはこれはステマであり、結果的に私はステマ評判によって騙されたことに気づきます。

釣り求人だらけで騙された最初の面談へ

登録した次の日にはすでに連絡がきたので、夜勤と夜勤の合間でも問題なく1時間程度で終わるということなので渋谷のヒカリエにある本社に面談へ向かいました。

到着するとロビーで担当者に案内されて、部屋に通されました。 他にも待ってる人がいましたが、そのかたは先に部屋に待つように言われていたりと面談時は様々なようです。

そして面談が始まるのですが、先にネットでの登録を済ませていたため、ある程度希望の転職先の情報があるかと思い、見てみるとしっかりと2交替制の病院ばかりおよそ20件ほど揃っえてくれたということなので案件の量に安心していました。

普通の人だったら、この時点では非常に豊富な案件量としっかりとこちらの要望を通してくれたんだと思います。

ですが、ここで驚愕の事実が発覚しました、私のいる病院の別の課の案件の情報を発見しました。よくよく見てみると待遇が、2交替制、夜勤明けの勉強会などへの参加は強要なしなど、別の課にいる私でも知っているような嘘の情報があり驚きました。

その場ではそういう釣り求人もあるのかなという程度で気にも止めていなかったのですが、その後看護のお仕事ではない転職エージェントに変えた時に言われたことが、まず現在の職場を登録時に記入しているので、別の病棟とはいえ求人を持ってくるのはエージェントとしてはありえないということでした。

実際の職場の闇などを教えてくれるのか?

若干の不信感はありましたがとりあえず、自分のいる病院を退けた15件ほどの求人にとりあえず応募してもらいました。

その際に自分のQOLに対する考え方を担当者と話したのですが、裏でどんな職場なのか教えてほしいというのがハロワでは得られない特典だと感じました。

例えば肺がん患者の方であっても、これまでずっと愛煙家の方には、一日一回くらいはタバコを吸う楽しみを作ってあげたいと思いました。

何もする気が起こらない方でも、たったそれだけの楽しみのために着替えたり車いすに移動したり、自ら積極的に動く気持ちを引き起こしてくれるのです。

今日は何日なのか何時なのかも気にならない人でも、楽しみ一つを待ち遠しく思いながら時計を見ることもありました。

ですが、このご時世で私の病院も院内禁煙から敷地内禁煙になり、なかなかそれを叶えることができませんでした。

他にも、排便コントロールにおいて、その人それぞれの排便リズムに合わせた排便介助などの看護ケアを行いたいと思っても、業務の流れやその日の人員数などに患者様に合わせていただかないといけない事は本当にたくさんありました。

食事、睡眠、排せつという人間としてごく最低限の生活でさえも医療提供者側に合わせないといけない。そんな環境の中で、本当に患者様のQOLを一番に考えた最善の看護を提供できるのだろうかと、日々悩んでいるということを話しました。

担当者の方もこの話には非常に共感していただき、他の病院や看護師免許を活かしてそう言ったQOLを大事にすることができる施設を探して見ますと言ってくれました。

そのことによって少し気分が良くなってしまったことも、その場でこのエージェントを利用しないという選択肢を取らなかった一因であると思っています。

ブラック求人との連戦面接の果てに

一週間後くらいに最初の面接に行きましたが、その病院は地域でもかなり悪評で噂の病院で俗にいうブラック求人でした。面接にいくと自分の印象はかなりよかったようですが、面接の最後の方に3交替せいじゃない場合は給料が2割程度減るけど平気ですか?と言われました。

その時私は、エージェントの方が3交替制のない病院であるという風に言っていたのですがというと、若干面接していただいた方はどもってしまい、そのまま面接は終了しました。

後日エージェントの方から連絡がありその病院は不合格ということでした。

その際にエージェントの方にその部分に関して指摘をした際にも、申し訳ありませんでした、こちらの方での下調べが足りなかったので、今後そう言った求人の紹介はしないようにしますというように言われました。

この時点でかなり不信感が高まっていたので、メールでエージェントの変更をお願いしてました。

その後も同じような面接が続いていたので、最初に出した求人は全て断ってエージェントの方も変えて心機一転始めようとしたのですが、珍しく本部の方から電話が来ていました。

ですが、私も不規則な勤務時間なので電話に出れるタイミングがなかったのですが、メールと電話のゴリ押しで、電話に出れた際は相手側もかなり呆れたような感じの対応でした。

担当者は嘘を言うのか?看護のお仕事の感想

看護師の転職のサポートでしたら、こういった不規則な勤務時間が多いため連絡がつかないのが当然なのですが、それにしては非常に悪い対応だと感じました。

私は電話口で今回あったようなことを伝えたのですが、担当者からどうしても伝えたいことがあるようなのでということで、気まずいですが担当者の肩と電話をしました。

担当者の方曰く、最初の案件とは違って私の考えているQOLにふさわしい案件を用意したのでそちらを是非受けて欲しいということで、嘘ではなかったと感じています。

ですので、そちらの案件を送ってもらったのですが、そちらは看護師としての仕事ではなく、ホームホスピスでした。

今まで、私の中では看護師として病院で働くという考えしかなかったのですが、そういう選択肢もあっていいのかと、考え方の転換にもつながりましたが担当者からの異常なゴリ押しと、待遇の低さからその案件については見送りました。

このホームホスピスの案件を見送ったあと看護のお仕事に正式に別の転職エージェントを利用するということを伝えて利用することをやめました。

看護のお仕事をステマする嘘の口コミサイトに物申す

今回私はインターネットで、特に2chなどの生に近い意見ではなく、口コミサイトという作ろうと思えば簡単に作れてしまう評判をメインに看護のお仕事を選んでしまいました。

実際に2chを見てみると評判自体はよくも悪くも普通で、取り扱っている案件が豊富という部分も実際は嘘なんじゃないかと思うほどに釣り求人が多いのも事実でした。

口コミサイトで看護のお仕事のメリット、デメリットとしてあげている2つを真実だったのかどうかを書いていこうと思います。

情弱が引っかかりやすい内部情報を持っているというメリット

私はセオリーというトップに表示されているサイトを主に参考にしていました。

メリットとして3つあげているうちの特に私のような情弱が騙されると思い、看護のお仕事が内部情報を多く所持しているというメリットについて実際は違ったということを詳しく話していきたいと思います。

私の経験からほとんど伝わっていると思いますが、ブラック求人を平気で紹介してくる部分や、実際には3交替制なのに、2交替制の病院ですといって求人を紹介してくる時点で内部情報を全然持っていないのです。

他にもそのクソセオリーというサイトには、雰囲気や残業の有無も教えてくれるといっていましたが、実際私の病棟に看護のお仕事を利用して転職して来た同僚がいたのですが、残業はほとんどないと聞いて私の勤めていた病院に転職したという方もいました。

しかもその同僚に話を聞く限りだと、私のいた病院は雰囲気が悪いというように言っており、最初の方は別の病院をゴリ押しされていたようです。

このように、転職させたい病院をメインにまるで内部情報を持っているかのような話しぶりで、紹介料が多かったり、癒着している場所への転職を勧めるというやり口が多いようです。

看護師は不規則な勤務時間で、生活範囲が狭いことや、インターネットでものを調べる時間があまり取れないことを逆手に取っているような担当者も多いようなので、看護のお仕事で転職を考えている方はこの部分に関しては気をつけたほうがいいと思います。

電話がしつこい、担当者に当たり外れがあるというデメリット

こちらも同様に何とかセオリーに書いてあった口コミですが、この部分に関してはあっていると言えるでしょう。

電話がしつこいのは看護のお仕事の典型的なやり方のようです。

確かに、疲れて家に帰ったタイミングで電話に出てしまったら、早く休みたいという一心でとりあえず、言われたことを受け入れてしまいそうになります。

この部分に関しては心の余裕があるときに電話に出るようにすればいいでしょう。

もう1点の担当者に当たり外れがあるという部分に関しては必ずしもどこかの転職エージェントはあたりしかないという訳でもないでしょうし、ただの一般論に過ぎません。

このような情報を見ると看護のお仕事を利用している方は、この担当者はハズレだから変えてもらえばいいやという考えに至ってしまうので非常に危険だと考えられます。

時間が無駄になり、せっかくの休日が行きもしない病院との面接で無駄に潰れてしまいます。

担当者に不満を感じたらまず、担当者を変えるのではなく、他のエージェントの利用を検討することをまずオススメします。

セオリーというサイト以外の口コミサイトがほとんど見つからなかったため、単独サイトへの批判のようになってしまいましたが、あまりに内容が薄いのにあたかもいい転職エージェントだというように紹介していたので、このような形で反論を書かせていただきました。

実際いい担当者のおかげで、いい病院に転職できたというような書き込みも2chを見ているとあったので、必ずしも全てにおいて劣っているとは限りませんし、私もホームホスピスに勤めるという選択肢を広げるいいキッカケとなりました。

ですが、最初に転職をしたいと考えた場合に登録する転職エージェントとしては仕事っぷりがかなり雑なところが多いため、あまりオススメできないと感じました。


口コミを投稿する


3 × = 十五