ブラックエージェントに騙されない!転職バイブル

管理人と訪問者達が転職エージェントを厳しく批評するブログです

セントラル短資はスプレッドが大きすぎる?利用して感じたデメリット

      2017/07/31  口コミ投稿数 :0

セントラル短資FXは、約定力が高いなどと評価されていることが多いですが、実際にメインで利用している人は少ないと思われます。

その理由としてはセントラル短資の下記のデメリットが考えられます。

・スプレッド(為替手数料)が大きすぎる
・通貨単位が使いにくい

ドル円でのスプレッドは0.3銭が最近の相場ですが、セントラル短資だと1.0銭あるだけでなく、通貨によって最低取引単位が1lotだったり0.1lotだったり分かりにくい点でも、日常的なトレードに向いていない要因と思われます。

セントラル短資FXは評判のように使いにくい?

セントラル短資FXは、ミラートレードなど自動売買機能、マイナー通貨が取引できる点に魅力を感じて口座開設したものの、いくつかの不満を感じたため現在は利用していません。

セントラル短資FXの最大の特徴は、短資会社が運営しているので信用が高いという点なのですが、それを活かすために利用する「セントラル短資ウルトラFX」では、最低取引単位が5万通貨=5lotであるため敷居は高いです。

私が感じた2つの不満点が下記です。

・スプレッド(手数料)が高すぎる
・スワップポイントが微妙

「約定力」「マイナー通貨の取扱数」の点では不満はなかったのですが「高スプレッド」「低スワップポイント」という点で、他のFX会社と比較して微妙に感じてしまい利用を中止しました。

5万通貨でドル円取引をするのであれば、約500万円単位でポジションを抱えることになるため、資金的にも最低でも100万円は軍資金がないと、一瞬でロスカットされます。

・セントラル短資FX
1千通貨×
1万通貨×
スワップ×

・DMMFX
1千通貨×
1万通貨〇
スワップ△

・GMOクリック証券FX
1千通貨×
1万通貨〇
スワップ〇

・外為ジャパンFX
1千通貨〇
1万通貨〇
スワップ△

上記のようにスワップ狙いで取引するのであれば、GMOクリック証券は悪くはないですし、普通にFXでドル円、ユーロドルなどメジャー通貨で王道のFX取引をしたいのであれば「外為ジャパンFX」を使っておくのでいいと思います。

セントラル短資FXでも1000通貨単位で取引できるダイレクトプラスを使う手もありますが、そうすると単純にスプレッドが広いだけのFX会社になってしまうので、利用のメリットは全くありません。

また、短資会社が運営しているという強みについても、最近はどこも「信託保全」のあるFX会社ばかりなので、大きなメリットとしては感じにくいかと思います。

それでも、メリットを探すとすると、明らかに長所だと認められる点としては、下記の2つかと思われます。

・普通レベルのスワップポイント
・人民元、トルコリラを扱っている

DMMFX、GMOクリック証券FXなどの「いわゆる大衆向けFX会社」とは一線を画すポイントだと言えます。

※5万通貨での取引に耐えられる資金力がある前提での話になります

ただし、それぞれ上位互換と言えるようなFX会社が存在しているのも事実である点も踏まえて、私が現在は利用していない理由を記載しておきます。

トルコリラなどスワップ金利狙いのトレードも微妙な理由

トルコリラの高い政策金利を活かして、FXを利用したスワップ投資が推奨されているケースは多いですが、下記のようにトルコリラは10年近い下降トレンドが続いているため、信じて投資した人は殆ど負けていることになります。

上記チャートの通りに、10年前の1トルコリラ=90円から、1トルコリラ=30円前後になっています。

トルコリラの金利は約8%~10%ほどなのですが、10年間保有していたとしても、含み損を抱えているスワップ投資家は多いです。

長期トレンドで価値が下落し続けているトルコリラと違って、オーストラリアドル、ニュージーランドドルについては10年前の50円~60円から現在は70円~80円前後と徐々に価値が上昇しています。

スワップ金利も2%~3%前後と安定していて、資源、農業、畜産など安定した産業に恵まれているため、政情不安もあるトルコリラとは雲泥の差になっています。

トルコリラと違って、オーストラリアドルなどスワップ金利が高いのが、下記の外為ジャパンFXで長期保有するのであれば、利用したほうがいいです。

・外為ジャパンFX(DMM運営)
>>外為ジャパンFX公式サイト(開設5分)

さらに外為ジャパンFXでは0.1lot単位で取引できることもあり、5万円~30万円程度の少額資金からでもスタートしやすく、徐々に大きな金額での取引に移行しやい点でも使いやすいです。

人民元、トルコリラメインで取引するのであれば、セントラル短資でも問題ないのですが、オーストラリアドル、ニュージーランドドルなどメジャー通貨で取引するなら、外為ジャパンFXを使っておいたほうがいいです。

セントラル短資のスワップポイントは悪くはないものの

スワップポイントに強い他のFX会社と比べても、そこまで高くないというのがセントラル短資FXのスワップポイントです。

他社と同様に1日単位で、スワップポイントは計算されます。

swapsento

ただ、狙う通貨が決まっているのであれば、それぞれベストと言えるスワップポイントを提供しているFX会社を利用したほうがいいです。

セントラル短資のスワップポイントのイメージとしては、ベストではないが、標準レベルのスワップポイントは提供しているFX会社だと言えます。

下記、スワップポイント金利狙いで取引される「トルコリラ」「人民元」「南アフリカランド」のスワップポイントをセントラル短資FXのものと他社で比較しました。

トルコリラのスワップは評判が微妙?

トルコリラについては、1万通貨あたりヒロセ通商(115円)のみが突出して高い状態になっていますが、それと比べるとセントラル短資(70円)はかなり低いです。

みらいチャートでも、過去の値動きからトルコリラのチャートが見れるようにはなっているが、値動きの激しいトルコリラで予測はあてにできないので、あえてセントラル短資のみらいチャートを使う必要はない。

miraitoruko

トルコリラは政策金利8%程度なので、1トルコリラ30円と換算すると、1万通貨は30万円に対して年間スワップポイントは2.4万円。

これを日割りにすると、約80円なのだがヒロセはスワップ金利に手数料を回すなどして、安定して高い水準を維持している模様なので、ヒロセ通商を使っておくのが無難だと言える。

仮に月10万円程度のトルコリラスワップポイントを狙っていくのであれば、手元資金200万円でレバレッジ6倍程度が水準となってくると考えられる。

セントラル短資は、何故かトルコリラスワップ金利取引でお勧めされる傾向があるが、そこまで高スワップでもないのに勧められる理由が個人的には理解できない。

南アフリカランドのスワップならライバル会社のほうが有利

セントラル短資の1万通貨あたりのスワップポイントは1日13円となっていますが、最も高い16円であるデューカスコピージャパン、15円のヒロセ、GMOクリック証券と比べると見劣ります。

南アフリカランドはここ数年は8円~10円程度の推移なので、1万通貨だと8万円~10万円に相当します。

1万南アフリカランドを10万円と簡易的に考えた場合、5000万円分のポジションを持った場合、日(月)あたりの比較は下記です。

セントラル短資:6,500円(195,000円)
デューカスコピージャパン:8,000円(240,000円)

1か月換算すると、かなり差が出てきますので、年で見てみると、同じ南アフリカランドのスワップ狙いでも、かなりポイントに差が就くことが分かると思います。

スプレッドは広すぎて使い物にならないのか

現在では大手FX会社の規模のほうが大きくなってきており、あまり短資会社が運営しているからということで、信用が高いというわけでもなくなってきました。

特に、以前は最低取引通貨単位が5万通貨だったり、殿様商売でスプレッドもいまだに1.0銭と他社と比較しても高い手数料を取ってきますし、あまり企業努力の見えないFX会社の一つだと思っています。

supusentora

約定力についても、以前までは雇用統計や要人発言など大規模イベント時には、他のFX会社と比べて「滑りにくい(希望の約定金額で取引できる)」と言われていました。

規模の大きい他社でも、システム開発に多額の資金を投資している今は、セントラル短資FXの強みも霞んできています。

セントラル短資FXを宣伝しているサイトなどでは、セントラル短資FXは短資会社が運営していて、信頼性が高いと言っています。

現在はFX周りの法整備が進んでいて、FX会社が破たんしても、入金している金額は手元に戻ってきます。

既に大手FX会社は業界でも知名度の低いセントラル短資レベルの短資会社よりも、上場していたり規模が多きかったり、よほど信用できると感じています。

逆に、信頼できる短資会社で何故スプレッドを旧来のまま1.0銭という数字で固定しているのか、いまだに疑問がありますし、そうしたスプレッド幅を維持しているからこそ、根拠の分からない約定力が高いFX会社という売り文句で宣伝されているのだと感じました。

スプレッドが広ければ、その分FX会社のほうで余裕を持って約定させることができますし、約定力は高くなりますが、その分手数料としてスプレッドをFX会社に払うわけですから、結果的にプラスマイナスゼロまたはマイナスになる可能性も高いです。

セントラル短資FXのレバレッジと通貨単位などスペックについて

初回入金は5万円で私の場合は、FXをスタートさせたのですが、前述の通りに5万通貨取引するのに必要な入金は約25万円なので、少額資金で始めるのにはセントラル短資は向いていないと思います。

ちなみに、5万円だけでFXを始めるのは全く無謀ではなくて、殆どの人は5万円~10万円程度で開始しているようです。

実際に現在は有名になったFXトレーダーでも、FXデビューを「初回入金5万円」でスタートさせて、1日で失ったエピソードを語る人は多いです。

セントラル短資FXに限らずですが「初回取引」で失敗すると、資金的にもモチベーション的にもリカバーするのは難しくなるので、始めに利用するFX会社の選定は非常に重要だと思っています。

巷では「〇〇FX会社は初心者食い」という悪い評判もでるくらい、選んだFX会社によって初期資金5万円~10万円程度のお金の減り方、増え方は全く違ってきます。

「最低取引通貨単位が1000通貨」「レバレッジ1倍~25倍で調整しやすい」FX会社を選んでおけば間違いないのですが、ここではセントラル短資FXは、その基準に対してどうなのか考察しておこうと思います。

最低取引通貨単位で選ぶと完全に選外な理由

FXを始めた人が直面する疑問の一つにセントラル短資は「いくらから」取引ができるのかと言う点があると思います。

「入金額がいくらから」なのか「取引額がいくらから」なのかで答えが違うのですが、セントラル短資の場合は、一応1000通貨単位でも取引は開始できるので、最低でも5千円程度の入金があれば取引を始めることは可能です。

レバレッジについては固定で「レバレッジ25倍」というルールが設定されています。

「入金額(手元にある金)の25倍までは取引が自由」というルールで、セントラル短資でもレバレッジは25倍になっています。

shoko

つまり、入金額5万円の人はFX会社から仮想のお金を無利子で借りて、MAX125万円までの取引ができるということです。

つまり、このルールがあるおかげで、初心者でもたったの5万円の入金で、約120万円の取引ができてしまうということです。

ウルトラFXを利用するには25万円前後は必須な理由

ウルトラFXを利用するのであれば「最低取引通貨単位が5万通貨」「レバレッジ25倍」があるため、初回入金は25万円~30万円はないと取引開始できません。

レバレッジシステムを使って少額の資金で、高額な取引をするのは、それなりの覚悟が必要で、ロスカットルールが設定されているとはいえ、入金額の大半を失うリスクはあります。

下記は、5万通貨(5万ドル)を買ったときのレートが「1ドル120円」だった場合の増減です。

120円:+0万円
119円:-5万円
118円:-10万円
117円:-15万円
116円:-20万円
115円:-25万円

基本的に、入金額5万円で5万ドル買っていると、ドル円レートが5円下がると、口座にあったお金が強制的に決済されてしまいます。

つまり、自分の口座から5万円が消し飛んでしまうということで、二度と戻ってきません。

セントラル短資は以上のように、「最低取引通貨単位が5万通貨」「レバレッジ25倍」という点で、初心者向けではありません。

入金額5万円しかないビギナーが、最初から5万ドル(600万円)単位の取引を開始しないといけないのは、比較的厳しいとは思います。

セントラル短資より条件面で優れたFX業者は非常に多い

「最低取引通貨単位が1万通貨」「レバレッジ25倍」ルールを持っているところは多く、大手で言えば、ヒロセ通商FX、インヴァスト証券FX、GMOクリック証券FX、ライブスター証券FXなどです。

この辺の業者は入金額5万円で取引開始できますが、同様に1万ドル単位での取引が必須なので、1000通貨、100通貨で取引を開始するのがやりやすいです。

下記の2つのFX業者については「最低取引通貨単位が1000通貨」で取引ができるので、小規模な取引が可能です。

※1000通貨=1000ドル(12万円)なので、セントラル短資の10分の1

・外為ジャパンFX
・SBIFX

ただし、「SBIFX」は会社としてあまりFXに注力していないので、取引しにくく、使いにくいと評判です。

そのため、DMM運営で初心者向けの「DMMFXの姉妹サイト」である「外為ジャパンFX」を使うべきです。非常に取引画面が使いやすいだけでなく、最も重要な「1000通貨単位での取引」ができるため、非常に安心して利用することができます。

上記のように、「外為ジャパンFX」はDMM運営と言うだけあって、キャンペーンなども全く同じです。ただ違うのが、初心者を意識して1000通貨単位での取引を認めていることです。多くのFX業者が、初心者食いしているのに対して、非常に良心的だと言えます。


口コミを投稿する


+ 一 = 5

 - 初心者から始めるFX