ブラックエージェントに騙されない!転職バイブル

管理人と訪問者達が転職エージェントを厳しく批評するブログです

BNFなどで有名なスイングトレードをFXに応用する際のレバレッジについて

      2017/04/03  口コミ投稿数 :0

BNFある程度まとまった儲けを出すためには「短期」「集中」投資であるスイングトレードを用いるべきで、あのジェイコム男で超有名なBNFさんも「スイングトレード」で学生時代にアルバイトで貯めた150万円を、株式投資を通じて数百億に増やしています。

FXにおいてもスイングトレードは有効で、多くのFXトレーダーが採用していて、専業になるのもスイングトレーダーが多い印象です。

下記は、スイングトレードで用いられることの多い通貨ペアです。

・ドル円
・ユーロドル

最近だと、BNFさんと同じくジェイコムショックで巨額な利益を上げたCISさんなども、FX(ドル円)のスイングトレードに参戦しています。

※スイングトレード向きのFX会社とレバレッジについて

スイングトレードは、利幅が大きくなるため、レバレッジ1倍前後でトレードしているトレーダーが多いです。

レバレッジ1倍というのは、株式投資で言うと現物株で、レバレッジ(信用)取引はしないという投資スタイルです。

ただ、少額でもレバレッジ1倍で取引しやすいFX会社は限られているので、下記のような外為ジャパンFXなど取引するFX会社は厳選したほうがいいです。

・外為ジャパンFX(DMM運営)
>>外為ジャパンFX公式サイト(登録5分)

特に「外為ジャパンFX」などレバレッジ調整ができるFX会社を利用すれば、序盤はレバレッジなしで運用できるので、チャートパターンも分かりやすいという点もあります。

銘柄によっては100万円単位で資金が必要な株と違って、FXは投資額を1円単位で自由に設定できる点でも経験が積みやすいので、結果的に退場を抑えて、コツコツ戦っていける点で好まれます。

下記、FX会社の選び方について、まとめましたので参考までに。

>>FXのレバレッジ設定方法とFX会社の選び方

ジェイコム男で有名な投資家BNFは短期投資の権化

ジェイコム男ことBNFは、新規上場のジェイコムをみずほ証券が誤って発注したのに乗じて、大量に株の買い付けを行い、20億の利益を出しマスコミにも取り上げられて有名になりました。私の勝手な勘違いで、BNFさんはジェイコムの新規誤発注の混乱に乗じて大儲けした一発屋だと思ってたんですが、ずっとデイトレ、スイングトレードで利益を出し続けていた短期投資のスーパートレーダーです。ジェイコムでの20億儲けを出している2005年に、BNFさんは他の銘柄でも40億ほどの利益を出しています。つまり、ジェイコムの20億はラッキーパンチとかではなくて必然だったんです。半端じゃないですね。ちなみに、元手は学生の時に貯めた150万程度とのこと。アルバイトでコツコツ貯めたお金だそうです。

現在相場的には弱まっている日経に固執するだけでなく、上げ相場、下げ相場でも戦えるFXなども上手く取り入れていくのが億り人たる由縁なのかなと感じております。

ただBNF氏は2015年、2016年になってからは多額の資産を不動産に移すなど、少額資金から成功した後は、株式投資から安定資産への移行が見受けられます。

とりあえず私もある程度リスクヘッジのためにFXを始めてみましたが、150万円の軍資金を億まで増やすどころか、ビビッて10万円程度で始めて、30万円~40万円くらいまで増やしてチョロチョロやっている程度です。

チャートの動きなどはスイングトレードにも通じる部分はあるので、食わず嫌いせずに多少かじっておくのはアリだと思いました。

>>5万円で高レバレッジでも低レバレッジでも取引できる「外為ジャパンFX」でFXを始める方法

少し話はそれましたが、FXでも株でも、BNFさんの考え方と言うのは非常に参考になるので、「彼の言動、テレビ取材などから拾える範囲」ではありますが、彼の用いるスイングトレード手法について、ここでまとめておきたいと思います。

BNFさんのスイングトレード手法について

私は元手150万から何億もの資産を築きあげたBNFさんの手法に強い関心があり、トレード手法について調べてみました。BNFさんのトレード手法は、バリュー投資とは全く異なる手法です。まず、BNFさんは、PBRやPERのファンダメンタルズ指標は全く参考にしないと言います。というのも、短期の取引の場合は、ファンダメンタルズ分析では株価は動かず別の指標に基づいて株価が動くといいます。

BNFさんの手法は一日中チャートを眺め続けたことから生まれた

BNFさんは、株を始めた当初、ネット証券が始まったばかりということもあって株式投資について大した勉強をしなかったそうです。つまり、ファンダメンタルズ分析なども、大して勉強していないと思われます。その代わり、一日中チャートを眺め続けて、株価の規則性を体で覚えて、値上がりする株に確実に投資していったそうです。チャートを眺めるときには、500-700企業分のチャートを見続けたそうです。すると、関連性のある企業は、同時に値上がりすることに気がついたり、大きく値下がりした株は、大きく反発するタイミングの見極めができるようになったそうです。

BNFさんのスイングトレードは下げ相場、上げ相場それぞれ使い分けている

BNFさんの相場を読む力というのは、基本的には経験に裏打ちされたものであるそうですが、少なくとも2つの相場の読み方があるようです。それぞれ、BNFさんの2chへの書き込み内容から、詳細を探っていきましょう。

下げ相場では、下げの大きい株の急騰を狙う

経済が不調なときは、日経平均が毎日下がったり、どんな株も徐々に値下がりしていくものです。そんな時でもBNFさんは勝てると言っています。具体的には、25日移動平均線という株価のトレンド指標を見て、大きく下げてきている株に投資、大きく下げている株は不況下でも買いが入る可能性が高く株価が戻る傾向があるため、儲けを出すことができるそうです。

下記BNFさんの下げ相場での投資手法についての2chへの書き込みです。

36 名前:B・N・F ◆mKx8G6UMYQ [] 投稿日:04/03/06(土) 02:49 ID:kyul+4/n
>>33
別に嫉妬とかやっかみだなんて思わないですよ。
証拠を見せたわけではないので疑うのは当然だと思います。
私が180万から1億にする過程ではすごい下げ相場でしたが
現物のみの短期の逆張りで簡単に儲かりました。というのは私は逆張りが好きで
株は逆張りが有利だと思っているからです。

その理由は例えば短期筋が順張りする場合(この話の短期は一泊二日長くて二泊三日の短期です)
その株が動意づく前に買ってた人を1とすると、その株を常に監視して
上がり出す雰囲気を感じてまだ大して上がってない時に、勇気出して買う人を2として
その後、完全に上がり出したのを確認してその株が次の日も、上がると思って買う人を3
その日の高値で買う人を4とすると、大体そういう動意づいた株のその日の出来高の推移を見ると
3~4の間での出来高が多い気がします。そして次の日買い気配で始まれば
その寄りで買う人を5、寄った後に更にそれより高値で買う人を6とすると
短期のつもりで3~4の間で買った人は良くて6の人に売って利益を出すって感じですが

これでは1で買った人の膨大な利益には到底及びません。しかし、1の段階で買ってる人は
長期の人でしょうから、資金効率的なリスクを負っているので短期のつもりで3~4
の間で買う人の投資方法も、1の人と比べて悪いわけではないでしょう。
一泊二日の短期での順張りでは到底1の段階で、買うことは難しくコツコツ
細かい利益を積み重ねる感じになる気がします。細かい利益と言っても
1%~6%ぐらいはいける気がしますが。

一方、一泊二日の短期の逆張りに目をやると
過去の25日移動平均線から何パーセント乖離したところで株は反発するのか?
相場の雰囲気がいいから乖離が浅めでも反発するんじゃないか?相場の雰囲気が悪いから
今回の乖離は相当きついところまでいくんじゃないか?出来高はどうか?
ボリンジャーバンド的にはどうか?などを考慮して底を見極め買うことができれば
一泊二日の短期なのに短期売買での順張りでは買うことの難しい
動意づく前の水準である1の段階と同等の水準で買うことができるのです。
底打ったかな~?ぐらいで買う人は、短期の順張りで言えば2の人ぐらいで
完全に底打ってから買う人は短期の順張りでは3~4の人に相当すると思います。
私は一泊二日の短期なのに短期の順張りでの1の水準で買えるおいしい相場が
下げ相場だと思っているので下げ相場でも上げ相場でも現物だけでもいいかなぁって感じです。

落ちてるナイフは危険じゃんという意見もあるでしょうが、前の日までのマイナス乖離のきつい株が
当日もそれなりのマイナスである場面で、自分のテクニカルの判断で反発すると
思ってる株を買ってもその日、そこから更に下落するのは余地は少なくなり、上がりそうもなければ
さっさと損切ればいいわけです。私の感覚ではただでも乖離のきつい株がダウやナスの下げなどで
朝から結構売られてれば、そこで買っても損切り早ければそんなにリスクを感じません。
むしろ短期の順張りでの1の水準で買えるかもとわくわくします。

こんな感じで180万から1億までは逆張りで儲けた比率がかなり高いです
そこからは去年の上げ相場でアホになって順張りして儲けた感じですね。
ってもそれまで逆張りで儲けてきたのでかなりビビリ捲くりの順張りでしたから
利益率はそれほどよくないです。

ちなみに、下記が短期での逆張り時のBNFさんの手法についての書き込みです。

812 名前:B・N・F ◆mKx8G6UMYQ [sage] 投稿日:04/10/03(日) 16:40:18 ID:IdmbGKeE
>>774
短期の逆張りで重要なのは乖離率だと思います。
乖離率がきつければきついほど反発しやすくなるのは
当然ですが、その時の地合によって買うべき乖離率の
水準はだいぶ違ってきます。01年や02年の相場では
25日移動平均線からのマイナス乖離が最低20%
安心して買えるのは35%以上の乖離率という感じでした。

35%乖離した株を買い反発したところで売り
その段階でその株の乖離率は15%前後になり
しばらくするとまた30%以上の乖離率の水準まで
落ちてまた反発狙いで買いの繰り返しでした。
短期の逆張り専門の人には天国のような相場だったと思います。

しかし、去年後半から今年の今現在までの相場にかけては
15%も乖離したら反発しちゃうって感じでした。
というより、乖離率を見て逆張りすべき場面すら余り
なかったです。新興市場などできついマイナス乖離を
する場面は何回かありましたが、2年前3年前と比べると
地合が良すぎて東証一部の株で30%以上乖離している株が
うじゃうじゃあるような状態は、あまり記憶にありませんね。
その時の地合に合わせてどの程度の乖離率で株が反発するのか
を自分の相場観にしたがって判断していけばいいと思います。

上げ相場では、上げている関連株でまだ値上がりが始まっていないものを狙う

上げ相場では、基本的にはどの株を買っても儲かります。それでも、確実に儲けを出していくためには、日経平均を指標として使い、関連株の中で値上がりが始まった関連株を確実に買っていくそうです。例えば、造船株や鉄鋼株というグループを作り、連れ高と呼ばれる日経平均株価と連動して上がりやすい株を購入していくやり方です。

下記BNFさんが、2chに書き込みをしていたとされる内容です。

☆★今日の勝ち負けを報告するスレッド Part53☆★
719 :B・N・F◆mKx8G6UMYQ :04/04/04 17:56 ID:cIC9Gmav

すいません。3月は1日平均70回以上のペースでした。
しかも、デイトレは買った後弱くなった銘柄などの損切りぐらいで
ほとんどスイングばかりでこれです。すいません。
一日30~50銘柄ぐらい持ち越して次の日の朝っぱら利益確定or損切りして
またその日強い株探して持ち越して次の日、利益確定or損切りの繰り返しでした。
三月は相場が良かった影響か、平気で2億円~3億円持ち越してたんですけど

次の日、持ち越し株全体で数百万利益が乗った場面で一度手仕舞わないで
いられるほど精神力が強くないのと、最近は順張りの持ち越しが多いので
勢いある内に手仕舞って他の順張りできる株探すって感じだったんで
一度以上売買した銘柄数は250銘柄以上になりました。とにかく流動性
ある株は新興市場でもボロ株でもハイテクでも金融株でも重厚長大産業の株でも
ファンダ気にせずなんでも買う人なんで売買した銘柄数も売買回数も多くなりがちです。

三月はほとんど休みなくこっちのセクターがふいたり、あっちのセクターがふいたり
ボロ株がふいたり、新興市場がふいたりで付いていくだけで大変で、すごい疲れ長く
感じた月でした。まあ、今みたいに30~50銘柄平気で持ち越して
2億円~3億円平気で持ち越す売買のスタイルが下げ相場で通用するとは
思ってないんですが、今の相場は下手糞に徹した方が儲かる事が良く感じがするので
自分であまりよい取引スタイルじゃないかもなと思いつつ下手糞売買に徹して
儲けてる感じですね。株の恐さ分かってるうまい人ほどこの相場には中途半端にしか
乗れてないかもしれませんね。アホになった方がいい時にはアホになって
株の恐さ知ってるうまい人だけが儲かる相場になったら今の取引スタイルは
やめた方がいいかなと思ってます。長文すいません。

この書き込みを見る限り、BNFさんは、上げ相場と、下げ相場で異なる手法を使用しています。特に、上げ相場では、BNFさんとしては株を知っている人間のほうが、儲けにくい、アホになったほうが儲かるんじゃないか、と考えているようです。

BNFさんが愛用する証券会社は楽天証券

BNFさんは、ひたすら目視で、チャートを見続け自分なりのフラグが立った銘柄に注文を入れるやり方をされています。そのため、同時に何銘柄もチャートを確認する必要があるそうです。そのため、トレードの際は、複数台のモニター、キーボードを準備して、複数銘柄のチャートを同時に閲覧されています。その時に使っている証券会社のツールが、楽天証券のマーケットスピードというツールだそうです。

マーケットスピードは、リアルタイムでなん銘柄もスクリーンにチャートを移すことができ、誰でも使えるツールにもかかわらず、チャートの時間差が少ないです。

楽天証券 - マーケットスピードの詳細

このように、少しだけBNFさんの投資手法を知ったことで、みなさんも短期投資に興味が出てきたのではないか、と思います。しかし、何度も説明をしているように、BNFさんはチャートを一日中眺めて、その時時での、チャートの癖というのを把握しているようです。また、数百社のチャートのトレンドを体に染み込ませていると語っているように、相当な暗記力の持ち主だと思われます。

私はBNFさんの手法を真似するのは辞めましてCISさんもやっているFXに切り替えました

BNFさんは、一日中500銘柄以上のチャートを何年も見続けて、上記のような「ボリンジャーバンド」、「25日移動平均線から乖離率」を見極めたうえで、1日~5日程度でスイングトレードする投資手法を確立させました。

以前は2chに書き込みなどもしていましたが、現在は書き込みはなく、これ以上の投資手法を知ることはできません。

ちなみに、今はBNFさんは不動産購入したり、かなり保守的な運用をされています。今の相場環境だと、BNFさんの手法では、対応でいない部分も出てきているのは確かです。

私自身も、BNFさんの手法を真似ることができれば、お金を稼げると思っていましたが、今はもう株式投資もやめて、BNFさん、CISさんもやっているFXに切り替えました。

CISさんは、BNFさんと同様に、ジェイコムショックで億単位の利益を上げたトレーダーです。以前までは、株式投資一本だったみたいですが、最近ではFXにも参入されています。

CISさんは100億運用しているのですが、自分はとりあえず10万円からコツコツ増やして、100万円くらいまで持っていければと思っています。今は、30万円~40万円をウロウロしている感じです。

そうした玄人も利用していたり、資金5万円~10万円の私のような初心者でも使いやすくシェアがの高い外為ジャパンFXについて、実際に5万円を運用していく流れは下記にまとめました。

>>5万円程度の少額でも安心して取引できる「外為ジャパンFX」からFXを始める方法


口コミを投稿する


− 3 = 六

 - 経理センスを磨くために学ぶ株式投資