ブラックエージェントに騙されない!転職バイブル

管理人と訪問者達が転職エージェントを厳しく批評するブログです

外為どっとコムの「外貨ネクストネオ」でレバレッジ設定する方法

      2017/03/27  口コミ投稿数 :0

gaitamedotto「外為どっとコム」のFX口座を開設したものの、取引開始にあたって悩むのが「本当にレバレッジ設定はできるのか」だと思います。

結論から言うと「外為どっとコム」の初期設定は、レバレッジ25倍固定なので、何も考えずに取引すると下記のリスクがあります。

・為替変動でロスカットされやすい
・5万円~30万円程度ならすぐ失う可能性

基本的に「外為どっとコム」は独自のロスカットルールなど定められており、非常に複雑で分かりにくいため、初心者には向いていないFX会社だと言えます。

※資金5万円~30万円程度なら「外為ジャパンFX」

外為どっとコムFXは、取引ルールが独自化しすぎており、初心者には理解が難しく使いずらいです。

そのため「5万円~30万円程度」の資金でスタートするなら、取引ルールもシンプルで使いやすい「外為ジャパンFX」を利用するべきです。

・外為ジャパンFX(DMM運営)
>>外為ジャパンFX公式サイト(開設5分)

外為ジャパンFXでは0.1lot単位で取引できるので、少額資金からスタートして、徐々に大きな金額で取引していくのに向いていると言えます。

初回入金の5万円~30万円程度を損するリスクは気にならないのなら、初めから外為どっとコムなどで取引しても問題はないのですが、序盤はコツコツやっていきたいというのであれば、外為ジャパンFXを使っておいたほうがいいです。

※外為どっとコムは、Brexit、大統領選挙、スイスフランショックなど、大規模イベントがあると「落ちやすい」と評判も見かけます

外為どっとコムで入金額を調整してレバレッジ設定をする方法

「外為どっとコム」の外貨ネクストネオは、1万通貨単位でしか取引できない「DMMFX」「GMOFX」と比べると、1000通貨単位でも取引が可能なため、少額取引でも使いやすくレバレッジ設定も変更しやすいFX会社です。

ちなみに、普通のFX会社だと1lotは1万通貨を指しますが、外為どっとコムFXだと1lotは1000通貨を指します。

下記はFX会社別の取引単位をまとめたものです。

【0.1lot=1000通貨】
・外為ジャパン
・マネーパートナーズ
・外為オンライン
・ヒロセ通商

【1lot=1000通貨】
・外為どっとコム

【1lot=1万通貨】
・DMMFX
・GMOクリック証券

「DMMFX」「GMOクリック証券FX」は、1lot単位でしか取引できない点でスペックは劣ります。

そのため、5万円~30万円程度でFXを始めるユーザーであれば、1000通貨取引ができるFX会社から選んでおけば低レバレッジへも設定変更しやすく無難です。

下記から、外為どっとコムでレバレッジ設定を調節しながら1lot取引をする流れを「PC画面」「スマホ画面」の両方で説明しています。

※最後に動画での説明も入れておきました

PC画面でのレバレッジ設定と1lot取引の流れ

外為どっとコムのパソコンでの取引画面では、ブラウザ版とアプリ版がありますが、下記のように非常にシンプルな作りになっています。

roguingaitamedo

口座開設後に郵送で貰える「ログインID」「パスワード」を利用して、ログインします。

すると下記のような通貨ペアごとの一覧が出てくるので、ドル円をクリックします。

kurikkudotto

今回は1lot取引なので、1lotと入力されていることを確認してから、買いポジションなので「買」ボタンを押します。

tyumondotto

注文完了後は、為替レートが納得できる状態になったら、下記の保有ポジションリストから決済したいポジションを選択して決済します。

kessaidotto

無事に決済完了すると、その時点までの損益が確定して、外貨ネクストネオに金額が表示され、この場合はレバレッジは初期設定の25倍固定になっています。

以上でPCブラウザ版での取引~決済は完了しました。

スマホでの取引画面でレバレッジ設定する

スマホでの取引はDMM FXも外為どっとコムもほぼ同じ作りです。背景の色が、ブラックとホワイトで対照的なくらいです。スマホ画面では操作性に違いは感じませんでした。

1lot取引をスマホでするために、まずはID、パスワードを使ってログインします。

roguinsumahodo

外為どっとコムFXのストリーミング注文でも、PCブラウザと同様に、1lotに設定した後に「買」ボタンを押すと、その時点でのドル円レートでドル買いポジションを注文できます。

レバレッジ設定は、スマホでも初期設定では25倍になっているので、もしも1lot取引でレバレッジ1倍に設定したいのであれば、1lot相当=約10万円分の入金をしておいて下さい。

sumahogado

次に、自分の希望のレートになったら、決済をするのですが、1lot取引が完了した時点で、下記のように保有ポジション一覧が表示されているはずです。

5万円入金しておけばレバレッジ2倍程度で取引されているはずなので、DMMFXなどで1lot(1万通貨)取引からスタートするよりはロスカットされにくいかと思います。

即決済ボタンを押すと、そのポジションは決済されて、外貨ネクストネオFXのスマホ上で損益が確定します。

kessaidosuma

以上でスマホ上での外為どっとコムのレバレッジ設定と1lot取引は完了です。

取引自体はシンプルで分かりやすいFX会社だとは思いますが、1lotが1000通貨という点は他のFX会社を使っていた人からすると、慣れるのに時間がかかります。

外為どっとコムFXで個人と法人でレバレッジ設定をする方法

レバレッジも25倍(法人口座は最大100倍)で、かつ1000通貨の少額取引ができるためレバレッジ設定はしやすいです。

外貨ネクストネオのワンクリック注文機能なのですが、レバレッジ計算などは自動で行ってくれるので、実質的には自分で計算する必要はないです。

ここでは、レバレッジ設定の仕組みはどうなっているのか、自分で把握しておくことは重要なので、下記よりレバレッジルールについてまとめておきます。

外為どっとコムはレバレッジ25倍固定

外為どっとコムでは、レバレッジが固定されていて25倍で計算されるようになっています。

下記は「DMMFX」と「外為どっとコム」のレバレッジを元にした「必要証拠金」の比較です。

1000tuka

最低取引単位は「DMMFXが1lot」「外為どっとコムFXが0.1lot」とすると、10倍近く必要証拠金の額が違うことが分かるかと思います。

金額にすると「DMMFXでは最低1万ドル(120万円)」「外為どっとコムFXでは最低1000ドル(12万円)」分の取引が必要で、証拠金も5万円と5千円と大きく違います。

「DMMFX」は初心者でも「120万円」単位で取引しないといけないのに対して「外為どっとコムFX」は「12万円」単位で取引できるため、初心者に配慮した取引金額設定と言う点では外為どっとコムのほうが優れていると言えます。

レバレッジと取引量ごとに大きく違ってくる推奨入金額

その結果、安全に取引するための、推奨入金額も違ってきます。

「DMMFX」は入金がより多く必要、「外為どっとコムFX」は入金が少なくても取引できます。

推奨入金額
・外為どっとコムFX:5万円~30万円
・DMMFX:30万円~

DMMFXの場合は常に120万円単位で取引をする必要があるので、5万円程度の入金額だと、ハイレバレッジになってしまうため、すぐロスカットされます。

そのため、可能であれば50万円程度は初回入金しておきたいところです。最低でも30万円はないと、簡単に強制決済されてしまうはずです。

gaikantan

一方で、外為どっとコムFXであれば、12万円単位で取引できるので、殆どレバレッジを使わないで取引ができます。そのため、5万円もあれば安全に取引できます。

上記のように、外為どっとコムFXは、FXを始めたばかりの人からの評判は非常に良いのは、レバレッジ1倍前後でも、5万円~10万円程度の入金でも簡単にできるためです。

実際に、私自身も「外為どっとコムFX」から始めているのですが、絶対に「外為どっとコムFX」を利用したほうが良い理由があります。

それが、大手FX業者の殆どが、最低取引単位が1lotであるのに対して、「外為どっとコムFX」は0.1lot単位での取引量ができるからです。

外為どっとコムFXで可能な「0.1lot単位での取引」のメリットとは?

外為どっとコムはメジャーFX会社の中では珍しく、0.1lot(1000通貨)取引ができます。ドル円取引の場合、0.1lot(1000通貨)とは1,000ドル=約12万円単位で取引ができるということです。

これは、DMM FXが1lot(1万通貨=約120万円)単位での取引しかできないのに比べて、リスクを抑えて取引ができるということを意味します。

つまり、資金が5万円~10万円の初心者は、「1lot」ではなく、「0.1lot」でも取引できる外為どっとコムFXのほうがリスクが少ないです。

必要証拠金というのは、最低限必要な入金額なので、ギリギリの金額で運用するのは危険です。そのため、上記で書かれている15倍以上の金額は入金しておいたほうが良いです。

そのため、外為どっとコムFXで始めるなら「入金額5万円~10万円」、DMM FXで始めるなら「入金額50万円~100万円」というのが一つの指標になってきます。

簡易的な「外貨預金」もできるがレバレッジ設定は1倍前後に抑えるべき

FXを始めたい理由の一つに、FXは「外貨預金」の手数料が安いからと言う人も多いと思います。

※1ドル買う(両替する)のに、銀行だと手数料1円、FXだと0.003円です

ここ数年で為替レートは大きく動いているので、10万円~20万円程度だけ「ドル預金」してみたいと思う人は増えているようです。

DMM FXで「外貨預金」しようとすると、1lot単位でしかドルが買えないので、100万円単位でしか「ドル預金」できません。

外為どっとコムであれば0.1lot単位でドルを買えるので、10万円単位で「ドル預金」ができるため、利用目的に応じたメリットも大きいので、良い評判が多いのだと言えます。

ただ、その場合でもレバレッジ設定では絶対に25倍で取引せずに、レバレッジ1倍前後で様子を見ながら、入金額と取引金額を増やしていくべきです。

外為どっとコムのネット上での評判について

gaidotokyo一部の極端に悪い評判を見る前に、客観的な「外為どっとコムFXの評判」について、一番口コミ情報の多い「価格コム」から分析してみます。

「価格コム」の外為どっとコムFXの評判を見る限り「初心者」「中級者」からの評価は非常に高いものでした。

とはいえ、ネット上では、外為どっとコムFXを使ったら「一瞬で入金額5万円が消えた」「何回入金してもロスカット連発してしまう」など悪い評判もあるようです。ここでは、そういった評判の真偽を検証してみたいと思います。

外為どっとコムFXの良い評判は0.1lot(1000通貨)取引ができる点

「外為どっとコムFX」の評判を、価格コムなどで見ると下記の点で、かなり初心者、中級者から高く評価されていることが分かります。

・業界最高のDMM並みにスプレッドが狭い
・スマフォアプリ操作が一番簡単だった
・ツールもシンプルで使いやすい
・速度も早く快適
・1000通貨取引ができてレバレッジを抑えられる

軒並み「初級者」「中級者」が気にするであろうポイントについては評価が高く、特に、資金の少ない(5万円~10万円)の初級者でも、レバレッジを1倍~2倍に押さえて取引できるという点で評判が良かったです。

DMMFX、GMOクリック証券など、CM展開もしていてメジャーなFX会社の場合は、0.1lot単位で取引ばかりされてしまうと、手数料収入が落ちてしまいます。

1lot(1万通貨)取引が中心ですが、外為どっとコムFXについては、そうした無駄な投資もしておらずユーザー目線で0.1lot単位で取引させてくれる点で、初心者向けと言えます。

外為どっとコムFXの悪い評判

「外為どっとコムFX」では悪い評判もいくつかありました。特に、上級者からは、そこまで高い評価を下されていないようでした。

・スワップ金利が特別有利ではない
・MT4などの上級者向けの複雑なツールは使えない

上級者が愛用するMT4などは、外為どっとコムでは配布しておらず、上級者向けのFX業者ではないことが分かるはずです。ただ、逆に言えば、「初級者、中級者向け」に特化してくれているので、FXを始めたい人にとっては評判が良いのは納得できました。

機能的には、DMM運営と言うこともあり、DMM FXと全く同じなのですが、1000通貨取引が可能と言う点で外為どっとコムFXは一歩リードしており、FXを始めたいビギナーはロスカットされたくなければ、DMM FXよりも優先的に使うべき業者だと言えます。

ただ、DMMFXやGMOクリック証券、ヒロセ通商などメジャーなFX会社の場合は、MT4など海外の取引ツールを使う人も多いので、国内向けのFX会社は批判される傾向があります。

ただ、資金が数千万円超えてこないと、MT4なども利用するメリットはあまりないので、国内向けのFX会社は使い勝手は良く、数千万円の資金にならないうちは、そのまま外為どっとコムFXなど使っておいて全く問題ないと感じています。

ロスカット連発など主観的な極端に悪い評判の理由とは?

客観的な口コミなどを見ていけば、「外為どっとコムFX」は初心者向けに開発された、優れた業者だということが理解できると思います。

しかし、実際には、「ロスカット連発」「すぐに全額失った」など、辛いエピソードを経験したユーザーもいるようです。ここでは簡単にどうして、そういった体験談が生まれるのか検証してみます。

実は、これは外為どっとコムFXに関わらず、「DMM FX」でも「SBI証券FX」でも、何も知らずに取引すれば、同様に起きてしまう可能性は高いです。

というのも、1lot(1万通貨)取引してしまうと、自動的に100万円近い金額の取引が成立してしまい、入金額が仮に5万円だとすると、レバレッジが25倍近くまで上がってしまうからです。

外為どっとコムFXの推奨入金額が低いのは、取引単価が0.1lot(DMM FXは1lot必要)でよいためです。要するに、DMM FXの10分の1のお金があれば、安全に取引できるということです。

ちなみに、外為どっとコムもDMMFXも、横画面でのチャート閲覧が可能です。縦だと情報量が少ないので、私は横にしてみています。

↓DMM FXのストリーミング注文
dmmsumafo

↓DMM FXのリアルタイムチャート
dmmsumafo2

見える部分については、それなりに開発コストをかけて投資もしているため、特に他社と比べても見劣りすることはないです。

レバレッジ25倍と言うのは、日本の法律で決められた最高倍率で、要するに非常にリスクの高い取引です。

これは、外為どっとコムFXに関わらず、どのFX業者を利用していても起こる可能性があります。

実は、0.1lot取引を認めているのは、大手業者だと「外為どっとコムFX」「SBI FX」だけで、「DMM FX」は1lot単位でしかできません。そのため、「外為どっとコムFX」のほうが、本当はロスカットされにくい評判が多いということです。

SBIFXは画面が汚く、使いにくいので、外為どっとコムFXがおススメです。

キャッシュバックキャンペーンの評判

あまりキャンペーン目当てでFX口座の開設をする人はいないと思いますが、念のため説明します。

外為どっとコムがDMMに買収されてから、口座開設キャンペーンは、外為どっとコムもDMM FXもまったく同じ内容のキャンペーン展開をしています。

ちなみに、DMM運営の「DMM FX」「外為どっとコムFX」のキャッシュバック金額は、FX業者のキャッシュバックの中では一番大きいので、外為どっとコムFXのキャッシュバック金額も評価は高いと言えます。

私としては、やはり0.1lot取引が使えるので、初めは外為どっとコムで5万円~10万円入金して、0.1lot(1000通貨)取引して、レバレッジ1倍~2倍で運用してみるのが一番勉強になるかと思いました。

慣れてきたら、DMM FXにも手を出して、トレードするのがよいかと思います。

5万円~30万円程度であればGMOクリック証券FXやDMMFXを使うよりも、0.1lot取引ができる外為どっとコムFXを利用するべきです。

1000通貨から取引が可能なので、資金の少ない序盤でも、コツコツ少額を積み上げていくことができるからです。

外貨ネクストネオはシンプルな画面構成なので「外為どっとコム」でも操作面で苦しむことはないと思います。

下記にて、PCのリッチアプリ版にはなりますが、外為どっとコムで1lot取引をスムーズに行う方法について、約5分の動画で解説しています。

外為どっとコムについては、システム内部の正確性に目をつぶれば、1万円~5万円程度で、少額取引するだけなら特に問題を感じないはずです。

ただし、大規模イベントなどでシステムダウンなどを避けたいのであれば、外為ジャパンFXなどのほうがシステム面では、あまり苦情は見たことがないので、安定していると言えるかもしれません。

FXを少額のお小遣いで体験したいという人には向いているFX会社ですが、月10万円前後をコツコツ狙っていくのであれば、あまり使いやすい会社ではないと感じています。

ですが、資金の少ない初心者にとって非常に重要な違いがあります。それが、取引単位(lot)が1万ドル単位か1000ドル単位かという違いです。


口コミを投稿する


六 − 6 =

 - 初心者から始めるFX